本日(2月13日)、沖縄県議会の全議員に緊急アンケートをお渡ししました。内容は、普天間飛行場(基地)の解決方法についてです。

会としては、普天間基地の1日も早い閉鎖・返還は県民の総意であり、争いがないという認識を持っています。そのために、今回の県民投票では、「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」をシングルイシュー(1つの争点)で問うのです。しかし、県民投票をめぐっては、県民から「普天間基地について、では具体的にどう解決するのか見えてこない」という趣旨のご意見が多くあります。問題の質的議論が深まらず、会としても歯がゆい思いをしております。

このような現状を受けて、県議会議員のみなさんがどのように考えているのかを明らかにすることによって、県民が、県民投票でその賛否を投じるための参考にするために、この度、緊急アンケートを実施することとしました。
質問事項と回答は以下の通りです。

回答期限は2月18日(月)としておりますので、それ以降にできるだけ早く公開する予定です。みなさまも、ぜひご一考ください。

Q1.普天間基地(飛行場)の早期閉鎖・返還の実現に関する貴職の主張について教えてください。
1.辺野古基地建設(その他の県内移設案も含む)による
2.県外(沖縄以外の日本国内)移転による
3.国外(無条件撤去を含む)移転による
4.その他(具体的に                )

Q2.上記主張を踏まえ、普天間基地(飛行場)の早期閉鎖・返還を民主主義の問題として捉えた場合(最終的には日米間で合意をするとしても)、貴職はどのように解決すべきだとお考えですか?
1.辺野古基地建設(その他の県内移転案も含む)によるべき
2.県外(沖縄以外の日本国内)移転によるべき
3.国外(無条件撤去を含む)移転によるべき
4.県外か国外かを国民全体に問い、国民的議論(最終的には国会)によって決めるべき
5.その他(具体的に                )